ロハスフェスタ大使

ロハスフェスタの魅力、地域のロハスな情報や日々のロハスな知恵などを伝え、ロハスをより身近に感じてもらうために活動をしています。

Aboutロハスフェスタの取組み

ロハスフェスタの取り組み

「lohas action」一人ひとりの毎日の暮らしが、環境をつくり、
そして変えてゆく

自分やまわりの大切な人たちの健康のことを考えて、身近なことから何かできるきっかけになればと始まったロハスフェスタ。 ひとに優しい暮らしの工夫や行動は、環境への負担を減らしていくことにつながっていくのではないでしょうか? ロハスフェスタは、野外で多くの方々が集まるイベントですが、「なるべくゴミを出さずに過ごす」ことへの参加を呼びかけています。 また、ロハスフェスタに参加し体験したことを、ご家庭でのlohas actionのヒントとなることを願っています。

毎日少しづつ「できること」。

ロハスフェスタでは、ご家庭で、少しずつ実践して頂けることを提案しています。 「使用ずみ天ぷら油」や「牛乳パック」は日々たまっていくもの。 ごみにしないで会場にお持ちいただくと、また資源として生まれかわって、エネルギーになったり、製品になったりとつなげていきます。

4Rってご存知ですか?
Reduce(リデュース=ごみを出さない)
Reuse(リユース=再使用する)
Recycle(リサイクル=再資源化する)
Respect(リスペクト=大切にしようという気持ち)
Reduce
簡単にいうと、「ごみを減らす」ことです。本当に必要なものを必要なだけ選び・買い・使う。また、ごみと思ってしまう前に、修理をしたり、別の使い道を考えてみたりと物に対しての向き合い方を変えてみるのも楽しめるかもですね。
Reuse
一回きりで捨ててしまわない工夫のことです。今でも暮らしに密着しているリユースは牛乳びん、ビールびんくらいでしょうか?なるべく使い捨てにならないものを使ったり、使える人に譲ったり、いろいろ工夫ができそうですね。ロハスフェスタでは、リユース食器がその役割をしています。
Recycle
ごみをごみにするのではなく、資源として再利用すること。なんでもかんでも一緒に捨ててしまうとごみですが、きちんと素材ごとにわけることによって、原料としてもう一度使えるものがたくさんあります。

Respect
4つめの【R】は、リスペクト!3Rを支えるのは、いろんな身の回りの物に対する思いが大切です。「大切にしよう」「もったいないかも」という気持ちをまず大事にしたいですね。


ごみの回収について

レンタルリユース食器返却所では、ごみの回収も行なっています。リサイクルできるよう、分別をして、回収しています。ペットボトル、缶はもちろん、割り箸も紙の原料になります。 お手元のごみがどれに当たるのかは、ボランティアスタッフの方々にお尋ねくださいね。

1.生ごみ
2.燃やすごみ
3.ペットボトル
4.缶
5.割り箸、フォーク、スプーン
ごみの回収実績

第3回から来場者貸出しで取組みをはじめ、第5回の夏の開催から飲食出展をしているブースでは、すべての使い捨て食器の代わりにリユース食器を使用しました。定着するまで時間はかかりましたが、回を重ねるごとに、ごみの量が減ってきています。

*万博公園 来場者数 ごみ回収量 1人当排出量
第3回(2007 秋) 10,800 900 kg 83 g
第4回(2008 春) 58,000 1500 kg 26 g
第5回(2008 夏) 12,000 750 kg 62 g
第6回(2008 秋) 47,000 800 kg 17 g
第8回(2009 夏) 27,000 640 kg 24 g
第9回(2009 秋) 60,000 860 kg 14 g
第10回(2009 春) 62,000 580 kg 9.5 g
第11回(2010 夏) 27,000 370 kg 13 g
第12回(2010 秋) 45,000 520 kg 11 g
第13回(2011 春) 39,000 390 kg 10 g
第14回(2011 夏) 30,000 360 kg 12 g
第15回(2011 秋) 57,000 520 kg 9 g
第16回(2012 春) 75,000 930 kg 12 g
第17回(2012 夏) 24,000 520 kg 21 g
第18回(2012 秋) 47,000 540 kg 11 g
第19回(2013 春) 73,200 640 kg 8.5 g
第20回(2013 秋) 65,529 1,220 kg 18.5 g
第21回(2014 春) 87,000 840 kg 9.6 g
第22回(2014 秋) 61,682 810 kg 9.6 g
第23回(2015 春) 87,635 1,110 kg 12 g
第24回(2015 秋) 95,004 1,420 kg 14 g
第25回(2016 春) 70,855 820 kg 11.5 g
*光が丘公園 来場者数 ごみ回収量 1人当排出量
第1回(2010 夏) 24,000 300 kg 16 g
第2回(2011 秋) 28,000 270 kg 9 g
第3回(2012 秋) 29,000 210 kg 7 g
第4回(2013 秋) 59,000 540 kg 9 g
第5回(2014 秋) 62,100 690 kg 11 g
第6回(2015 秋) 51,541 700 kg 13.5 g
第7回(2016 春) 24,180 450 kg 18.6 g
*広島 来場者数 ごみ回収量 1人当排出量
第1回(2014 春) 31,227 400 kg 12.8 g
第2回(2015 春) 33,960 390 kg 11.4 g
*淡路島 来場者数 ごみ回収量 1人当排出量
第1回 30,220 680 kg 22.5 g
レンタルリユース食器の利用・ごみの回収についてのお願い
●レンタルリユース食器は、販売しているものではなく、【貸出し】している食器です。
●レンタルリユース食器は、食べ終わったら、そのまま返却所へお持ちください。
●ごみの回収で、瓶については、購入したブースに返却してください。

◆レンタルリユース食器協力:特定非営利活動法人 地域環境デザイン研究所ecotone

http://www.ecotone.jp

◆洗剤提供:サラヤ株式会社 http://www.saraya.com



ダウン回収

再生ダウンを使ったコートをアパレルとして初めて発売する三陽商会と河田フェザーの協力により ダウンの回収をスタートしました。 昨今、羽毛の需給バランスが崩れている中、希少な資源であるダウンを循環再利用することができ、 さらに廃棄したダウンを焼却する際に発生する二酸化炭素の排出も抑えられるダブルでエコな取り組みです。

ダウン回収量
*万博公園(大阪府吹田市)での開催
第22回 第23回 第24回 第25回 第26回
71個 100個 56個 77個
*東京での開催
第6回 第7回
39個 28個
*淡路島での開催
第1回
23個

*広島での開催
第2回
17個


牛乳パック回収

ロハスフェスタで回収した牛乳パックは会場で使用したトイレットペーパーとなります
牛乳パックは再生し、製品になる資源のひとつ。暮らしの中でのリサイクル実践のきっかけに。実用的なトイレットペーパーや箱 ティッシュに生まれ変わります。牛乳パック回収をはじめたのは、第11回の開催から。NPO法人摂津人材サポートビューローの事業で、愛媛県川之江市のメーカーで再生され、「おかえりティシュ」と「ただいまロール」となりロハスフェスタ会場で使用されています。

牛乳パックの回収方法
下記の図の様に牛乳パックを水洗いし、ハサミ、カッターなどで切り開いてからよく乾かし、 回収所(会場図をご確認ください)までお持ちください。
牛乳パックに限らず果汁ジュースも紙パックのものであれば、1リットルものに限らず500mlなどのものも回収可能です。
回収の際のお願い
ポタージュスープのパックの様に内側が銀色のものはリサイクルできません。
シールやセロテープ、輪ゴムなどははずしてお渡しください。
回収場所では、袋から出して、お渡しください。
牛乳パックの回収実績

※1枚/30gで枚数計算しています。

*万博公園(大阪府吹田市)での開催

第11回 第12回 第13回 第14回 第15回
1,320枚
(41kg)
2,193枚
(68kg)
5,333枚
(160kg)
2,664枚
(80kg)
約6,000枚
(180kg)
第16回 第17回 第18回 第19回 第20回
約8,000枚
(240kg)
約2,666枚
(80kg)
約6,000枚
(180kg)
約8,166枚
(245kg)
約8,100枚
(243kg)
第21回 第22回 第23回 第24回 第25回
約5,866枚
(176kg)
約6,666枚
(200Kg)
約6,666枚
(200Kg)
約7,600枚
(180Kg)
約7,333枚
(220Kg)

*光が丘公園(東京都練馬区)での開催

第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回
約3,000枚
(90kg)
約2,666枚
(80kg)
約2,666枚
(80kg)
約3,266枚
(98kg)
約3,333枚
(100kg)
約2,333
(70kg)

*広島(旧市民球場)での開催

第1回 第2回
2,333枚
(70kg)
1,666枚
(50kg)

*淡路島での開催

第1回
2,333枚
(70kg)


使用ずみ天ぷら油回収

キッチンからはじまるリサイクル♪

お家で使った天ぷら油を捨てずにリサイクルしましょう。使用済み又は、賞味期限切れの天ぷら油を会場へご持参ください。精製後「バイオディーゼル燃料」として、ロハスフェスタ会場内で使用する発電機の燃料になっています。

回収がはじまったのは、第6回(2008年の秋)の開催から。一人ひとりの少しずつが集まるとこんなにたくさんになるんですね!ロハッチラリーのポイントにもなる「天ぷら油回収」。500mlの量から受付しています。

今日からはじめてみてはいかがでしょうか?


使用済み天ぷら油でキャンドルづくり

持ってきた使用済み天ぷら油でキャンドルをつくってみよう!

リサイクルを楽しくおしゃれに体験しませんか?

参加費:300円

使用済み天ぷら油を持参の方は50円引き
器を持参の方はさらに50円引き
※器はガラス製のものに限ります。
使用ずみ天ぷら油回収実績
*万博公園(大阪府吹田市)での開催
第6回 第7回 第8回 第9回 第10回
136L 160L 260L 510L 610L
第11回 第12回 第13回 第14回 第15回
280L 420L 450L 285L 612L
第16回 第17回 第18回 第19回 第20回
548L 180L 250L 560L 600L
第21回 第22回 第23回 第24回 第25回
1000L 650L 550L 690L 400L
*光が丘公園(東京都練馬区)での開催
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回
94L 115L 220L 240L 270L
第6回 第7回
370 L 210 L
*広島(旧市民球場)での開催
第1回 第2回
150L 120L
*淡路島での開催
第1回
80L


「お金」ではなく「想い」のやりとり xChange

xChangeは、ものが循環する豊かな社会づくりを目指した、おしゃれな洋服の「物々交換」会です。 自分ではもう着ない服や使っていない鞄だけど「誰かが欲しいかもしれない」ファッション・アイテムを持ち寄って、「思い出」を「エピソードタグ」に書いて、並べましょう。 「エピソードタグ」を読みながら、気に入った商品があったら、 持ち帰って新しいワードローブに仲間入り。 「お金」ではなく「思い」のやりとりを体験してみませんか?
xChange交換数(持ち込み数)
*光が丘公園(東京都練馬区)での開催
第6回 第7回 第8回
1,699点 1,035点 1,437点
◆協力:エコランド  http://www.eco-land.jp/



トップページへ